妊活中に摂取しておきたい栄養素と摂取の方法について

今すぐ妊娠したいと願うご夫婦で、既に妊活を始めている方も多いのではないでしょうか。

妊活というと不妊治療などを考える方も多いようですが、全ての方がいきなり不妊治療を始める必要はありません。

先ずは簡単に取り組める妊活をスタートさせてみることで、意外にすんなり妊娠できた!という方も多いからです。

妊活の基本は、基礎体温測定と言われています。

基礎体温を測ることで、生理周期をチェックし排卵日を予測します。

排卵後の受精可能時に卵子と精子が受精しないと妊娠しないので、この受精可能時間を予測して性交渉のタイミングを取ることは大切です。

自然妊娠を願っておもむくままにタイミングを取ってなかなか妊娠しないご夫婦が多いことからも分かるように、妊娠できるタイミングって月に1回6〜8時間程度なのです。

寝ている間にその時間が過ぎてしまっては、また1ヶ月後の次の機会まで待たなければなりません。

そのためにも基礎体温を継続して毎朝測定し、体温の変化から生理周期をチェックして排卵日を予測します。

排卵日に向けて旦那さんと仲良しするタイミングを図ることで、妊娠の確率を高めることが可能になります。

ただし排卵日の予測は難しく、百発百中で予測することは不可能です。

さいわい、精子は膣内にて2日〜3日の寿命がありますから、予測した排卵日の2〜3日前からタイミングを取っておくことで受精することも可能です。

一方で排卵日が狙い通りに来るように、奥さんの身体を妊娠しやすい体質にしておくことも大切です。

一般的に身体を冷やしたり不摂生により生理周期が乱れる傾向にあります。

そうならないように、身体を冷やさないで温めたり規則正しい生活を過ごすことで睡眠を十分に取ることで妊娠しやすい身体を作ることができます。

身体を温める方法にはいくつかありますが、妊活中の女性に人気なのが「ルイボスティ」や「たんぽぽ茶」を飲むことです。

ルイボスティにはカルシウムが多く含まれていて、ノンカフェインでありながらも鉄分なども含まれています。

また、タンポポ茶には冷え性の緩和やむくみ・利尿作用などの効果があり、便秘解消も期待できます。

もちろんこちらもノンカフェインです。

でも、今すぐ妊娠したい女性はどちらを飲めばいいのでしょうか?

それにルイボスティーやたんぽぽ茶を飲むだけで、妊娠したくて妊活している間は大丈夫なのでしょうか?

当サイトでは、赤ちゃんが欲しいあなたに今すぐ使える妊活情報を紹介しています。


平均的な妊活期間を過ぎた場合

結婚した当初は、夫婦二人の時間を大事にしたいと思う人が多いですので、子供の事を考えていない人も多いでしょう。

しかしだんだんと子供の事を考えるようになっていきますので、夫婦で話をする必要がありそうです。

子供を作りたいと思ったのであれば、妊活をすることによって、自然に任せているだけよりも早く妊娠をすることが出来るようになります。

妊活を始めた場合には、平均的な妊活期間はどのくらいになるのでしょうか。

平均的な妊活期間としては、一年以内に授かったという人が8割くらいですので、一年と考えておくといいでしょう。

ですので、妊活を始めたからと言ってもすぐに授かるものでもないと考えておいた方が良さそうです。

一カ月や二ヶ月で妊娠することが出来る人もいますが、そうではないという人の方が多いというのを知っておけば、気持ちも楽になります。

あまりにもプレッシャーやストレスを感じるのはよくありません。

プレッシャーやストレスは不妊の原因にもなりますので、焦らないようにしなくてはならないのです。

妊活期間の平均が一年という事なのであれば、それを過ぎても妊娠をしない場合には、病院に一度相談をしてみるといいでしょう。

病院に相談をすることもなく、一人で悩んでいると、どんどん後ろ向きになってしまいます。

病院のアドバイスを受けることによって、気持ちが楽になっていきますので、一度相談をするようにし、気持ちをリセットしてからまた妊活を始めるといいでしょう。